更新日:2017/11/17

住宅ローンで借りれる金額に関わるクリーンの程度

住宅ローンの審査では、評価額がポイントになる事が多いです。評価額とは、不動産物件に対するものになります。そもそも全ての不動産物件には、必ず物件の価値を判断する為の目安の数字があるのです。その1つが、前述の評価額になります。評価額が高ければ、それだけ多くのお金を借りれる事になる訳です。

ところでその審査では、クリーンか否かが大きなポイントになります。というのもクリーンな状態でなければ、多くの金額を借りるのが難しいこともあるからです。

例えば他の会社から借りていて、ある時に返すことができなかったとしましょう。その場合は、クリーンではないと判断される訳です。それで自分の希望金額に届かない場合があります。

逆に銀行条件によっては、借りれるケースもある訳です。他の銀行から借りていて、クリーンな状態になっていれば、評価額以上で借りれる場合があります。ですのでクリーンか否かは、住宅ローンで借りれる金額に大きく関わってくる訳ですね。


資金計画勉強会などに参加するメリット

マイホームを購入するとなると、計画作りがとても大切です。その計画がきちんとをしていれば、ローンをスムーズに返済できる傾向があります。

思えば保活などでも、計画性が大切になる事が多いです。幼稚園選びの為にはスケジュール立てなどが大切なのですが、前述のマイホーム用のローンも、それは同様な傾向があります。 ところで問題無くローンを組みたい時には、資金計画勉強会という選択肢があるのです。その勉強会では、ローンを組むことに関する有益な情報が得られるからです。

例えばある金融会社では、その勉強会を開催しています。ローンを組んだ時の様々な資金計画に関して、色々とレクチャーを行っているのですね。またその勉強会では、住宅ローン控除に関する情報を得る事もできます。いわゆる減税などに関する重要な知識も、その勉強会で学ぶことができる訳です。

ですので問題無くローンを組みたい時には、勉強会などに積極的に参加してみると良いでしょう。


住宅ローン、私の経験

30代会社員、男性です。一般の会社に勤めていて、仕事で貰える給料は年収400万円は行かないほどです。世帯年収も今は、専業主婦をしているので、400万円以下になっています。結婚と同時に家を買うことにしましたが、結婚も家を買うのも同じように、結局はどこが良いのかは分からないと思います。良いと思った場所に思い切って決めてしまうのが、住宅選びの一つのポイントだと思いますね。

まず私がポイントとしたのは、一軒家ばかりが立ち並んでいる家で、その土地に住んでいる人しか入ってこないような場所を探しました。大通りが近いとか、抜け道に使われる可能性がある場所は、子供が遊んだりするのにとても危険になるからです。駅が近い場所を探していましたが、少し駅から遠くなりましたが、駅があれば問題ないと思って買いました。もちろん値段も関係してきますが、一般の仕事をしている私の場合は、その当時の相場で買える値段が給料の8掛けまでと決まっていました。

400万円以下なので、最高では3200万円以上はないと決まっていました。さらに大きなローンを組みたい場合は、住宅メーカーに相談するか、安いもので我慢するかしかありません。方法はありますが、ローンの支払金額が上がると、意外に大変だと分かっているのでおススメは出来ませんね。月額の値段を安くして、毎月の生活をやりやすくしましょう。

今は50年ローンもありますし、頭金なしの、ボーナス払いなしとかありますので、20歳で家を持つことが簡単になりました。その変わり、今は借り入れ出来る金額が少しだけ下がっていて、だいたい6掛けから最大7掛けくらいが相場になっています。私の場合は、年収400万円として2400万円までしか借り入れが出来ないということになりますね。それでも、働き出してから1年するとローンが組めるので、家賃を支払うよりも家を買ってローンを支払う方が合理的とは言えるかもしれないですね。 家を買うのは一生に1回くらいしかありませんので、出来るだけ良いモノを選ぶようにしておいた方が、後々に後悔しないで良いでしょう。ローンを組みやすくなったのと、家を持つことがあたり前のステータスになってきているのが、今の原因になっているのではないでしょうか。家を買うなら思い切りを持って、ポイントだけ決めて買いに行きましょう。


楽天市場をよく利用する方にはメリットが大きな融資商品

数ある住宅用の融資商品の中には、楽天市場との連動タイプが見られます。ネットショッピングで有名な市場ですが、それが借り換えの目的で利用されるケースも多々あるのです。そのタイプの商品の場合は、楽天市場での利用状況との関係があります。その市場を頻度多く利用する方の場合は、住宅ローンの手数料が低めとなるのです。

その楽天銀行住宅商品を利用する時にも、もちろん手数料などは発生する事になります。しかしその会社の場合は、楽天のサービスを利用中か否かに左右されるのです。前述のショッピングサービスを普段から多く利用しているなら、それだけ手数料が低めになってくる訳です。ですのでそこでよく買い物をする方にとっては、メリットが大きな融資商品と言えます。

ただし虚偽の情報申請などは禁物です。間違った情報を伝えた事を発覚しますと、融資が取り消しになってしまう事もあります。あくまでも正しい情報だけを伝えるようにするのが、その商品を利用する時のポイントです。